動物病院を変えたらペット保険も見直しが必要に!?

動物病院を変えたらペット保険も見直しが必要に!?

保険金自動請求が楽です

ペット保険を利用して動物病院で治療を受ける際には、保険証を提示するかどうかは保険会社と動物病院の組み合わせで決まります。全ての動物病院で受けた診療費はペット保険の補償内容に入りますが、窓口負担額は異なります。一部大手のペット保険ならば、保険証を提示することで保険金請求を動物病院側が自動的に行なってくれるので、窓口では自己負担分のみ支払えば済むわけです。一旦全額払いする必要と保険金請求手続きをしなくて良いので欲です。

補償内容は細かくチェックしよう

ペット保険を利用する際には、人間用の健康保険とは異なる点があることを知っておかなければなりません。ペット保険を使用する際には、年間で利用出来る回数の制限が設けられていることが一般的です。一部の利用者が大量に使いすぎて補償金の原資が無くなってしまうことを防ぐ目的があります。保険料を安くするために、少額の支払いに対しては免責事項を設けることで、大きな支払いの時に保険を使えるようにして保険料を圧縮しているタイプのペット保険があります。使用出来る範囲が限られていることに注意しましょう。

動物病院により取扱保険が違います

全ての動物病院でペット保険は利用出来ますが、利用する際に窓口で一旦全額払いを行い後で保険会社へ補償金の請求を行う方法に限られます。窓口で自己負担分のみを支払い、保険金請求を動物病院に任せたい場合には、動物病院とペット保険双方が対応していなければなりません。転居などに伴い動物病院のかかりつけを変更する際には、加入しているペット保険の窓口負担額が自己負担分のみで良いか事前に確認しておかなければトラブルとなることもあるので注意が必要です。

ペット保険に加入をしておけば、いざとなった時に心配がいりません。手術をする時にも、安心して入院させることができます。