まさにオーパーツ!江戸時代の天才が作った置時計

まさにオーパーツ!江戸時代の天才が作った置時計

日本にもエジソンはいた!?発明家・田中久重

時計の本場といえばやはりスイスですね。現在もたくさんの工房があり有名な時計職人を何人も生み出しています。あの天才ブレゲもスイス出身です。しかし、日本にも天才がいたんです。江戸時代に作られた万年時計と呼ばれる置時計は現在の技術に引けを取らないどころか今の技術者でも思いつかないような機構が組み込まれているんです。作成者の名前は田中久重。彼は驚くことに時計職人ではなくからくり人形の仕掛けを考えたりする発明家だったのです。

驚くべき数々の機能!

確かにからくり人形には様々な歯車が使われているので時計との共通点があるかもしれませんが、それにしたってこの万年時計、機能が半端じゃありません。太陽と月の一年の動きを模型で示す天象儀 と呼ばれるものや、和時計と呼ばれる日本独自の時間の数え方に対応したものなどものすごい数のギミックが搭載されているんです。中でも驚きなのが一度ゼンマイを巻くと一年間持つというところ。普通の機械式時計なら小まめにゼンマイを巻かないといけないのですが一年も持つとなると下手な電池より性能がいいのではと思ってしまいます。

思いも寄らない弱点?

すばらしく完成度の高いこの万年時計ですが思いも寄らない弱点がありました。それは複雑すぎてメンテナンスできる人がいないということ。現に田中久重の死後、万年時計は故障してしまい長い間動くことはありませんでした。ちなみに、この万年時計2004年に技術者を百人投入して復元プロジェクトが組まれましたがその時は完全な復元はできなかったとのこと、恐るべし田中久重ですね。どんなにすばらしい時計も動かなくなってしまってはその真価を発揮できません。愛用している時計は日ごろから手入れをしっかりとして共に長い時を刻んでいきましょう。

高級ジュエリーブランドのダミアーニはその美しいフォルムから結婚指輪や婚約指輪に選ぶ女性も多い人気のジュエリーブランドです。愛用するセレブが多いのも納得ですね。